私が長年聴き続けている、大好きなクラシック・ロックの数々、その思い出をちょっぴりご紹介。

Masterpiece Records: 大好きなクラシック・ロック・メモリーズ

TOPRSS
トップ 201303
 

▼ケイジャン・ミュージックの優男、ザッカリー・リシャードのご機嫌なステージ

ibushigin recordsの気になるClassic Rock
1990♪Women in the Room♪Zachary Richard♪ザッカリー・リシャード
1990
☆ Zachary Richard - official site
♪ Who Stole My Monkey - Zachary Richard
♪ Love My Zydeco - Zachary Richard
♪ Crawfish - Zachary Richard
♪ Manchac - Zachary Richard
♪ No French, No More - Zachary Richard
♪ Give Me Back My Wings - Zachary Richard
♪ Johnny B Goode - Zachary Richard
♪ Acadiana Symphony Orchestra & the All Stars 2010
♪ File´ Gumbo - Zachary Richard
以前、NHK-BSで放映された90年4/27〜5/6のニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバル。フェアグラウンズ競馬場で行われた、やんややんやのお祭り騒ぎのステージは、ご当地ルイジアナ州出身のドクター・ジョンやミーターズ、クリフトン・シェニエ、アーマ・トーマス、ネヴィル・ブラザーズ、そのお隣テキサス州のケイティ・ウェブスター、そしてロック・ファンにはおなじみのリトル・フィートとワクワクするような内容で、思わず開放的になっちゃいました。 そして、私にとって大きな収穫だったのが、ニューオリンズ・ミュージックホールの夜のステージから、ケイジャン・ミュージックの優男、ザッカリー・リシャード。 音楽雑誌に掲載されたA&Mレコードの広告で、レーベル・メイトのジョン・ハイアットのアルバムと一緒に紹介され、ザッカリーの名は記憶に残ってましたが、彼の音楽を聴くのは初めて。 だっぷりとしたレンガ色のスーツがよく似合う、にこやかな表情が人なつっこいザッカリー・リシャード。腰をくねらせアコーディオンを広げたり縮めたり、リズムに体を揺らし、セクシーにステップを踏む。バンドの演奏はすぐに熱気立ち、「Love My Zydeco」「File Gumbo」と曲は知らなくても、ザイディコのリズムに気軽にノレる。 「僕のアコーディオンどう? 買ったばかりなんだ」と、ご機嫌なザッカリー。アコーディオンの揺らめく呪術的なフレーズ、豪快にうねるギターが裏打ち、ぶっきらぼうなコーラスにルイジアナの砂埃が舞い上がる「Who Stole My Monkey」、沸々と沸き立つ粘っこいリズムが官能的な「Ton Ton Gris Gris」、小気味いいギターに、ゆったり流れるようなメロディが気持ちいい「No French, No More」、元気いっぱい弾け踊り出す「Take Me Away」、感情を込めてじっくり聴かせるバラッド「Zack's Ballad」、「Joe Pitre A Deux Femmes」「Ma Louisianne」「Zydeco Sont Pas Sales」と、英語と仏語を混ぜ混ぜ、ぐじゅぐじゅねっとりとた歌い回しが癖になる、ご機嫌なケイジャン・パーティーは最高! このステージでも数曲を披露された90年アルバム「Women in the Room」には、心揺さぶるギタリスト、サニー・ランドレスも参加。さらに、英語圏を意識してロック色も増した92年アルバム「Snake Bite Love」と、A&M時代の2枚のアルバムがお勧めです。
1992♪Snake Bite Love♪Zachary Richard♪ザッカリー・リシャード
1995♪South of I-10♪Sonny Landreth♪サニー・ランドレス
1980♪Stolen Moments♪John Hiatt♪ジョン・ハイアット

American | | |ページ上部へ
 
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ポイント ちょびリッチ
ポイント ちょびリッチ