私が長年聴き続けている、大好きなクラシック・ロックの数々、その思い出をちょっぴりご紹介。

Masterpiece Records: 大好きなクラシック・ロック・メモリーズ

TOPRSS
トップ 200707
 

▼摩訶不思議なケヴィン・ローランドさん

ibushigin recordsの気になるClassic Rock
1988♪The Wanderer♪Kevin Rowland♪ケヴィン・ローランド
1988
☆ Official My Space Site
♪ Young Man - Kevin Rowland
えっ、なんでデオダートなの? と思ったのが、デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズのボーカリスト、ケヴィン・ローランドの88年のファースト・ソロ・アルバム「The Wanderer」です。「Walk Away」「Tonight」などのイカしたR&B風ポップ・ナンバーから、オールディーズ調の熱唱バラード「Young Man」まで楽曲は粒ぞろいですが、80年代ならではの時代を反映した音作りで、今聴くとちょっと加工し過ぎたかな、という印象を与えます。でも、そこはケヴィンさんのいぶし銀の喉をじっくり聴き、楽しみましょう。99年、突然発表されたのが、「My Beauty」。長いブランクがあって、えぇ、どうしたの? っと驚いたそのジャケット…。でも、中身はバラード中心の正統派カバー・アルバム。フォー・シーズンズの「Rag Doll」、モンキーズの「Daydream Believer」、ハーブ・アルパートの「This Guy’s in Love with You」、スクイーズの「Labelled with Love」など、しっとり聴かせる珠玉のナンバーが揃っていますから、安心して手に取って下さい。あの全く似つかわしくないジャケットで再発された、デキシー・ミッドナイト・ランナーズのサード・アルバム「Don’t Stand Me Down」もしかり。何かとお騒がせ、摩訶不思議なケヴィン・ローランドさん、今度はいかに驚かせてくれるか? 冷や冷やしながらもとっても楽しみです。素晴らしい喉をもってるんだから、きっちりしたプロモートをすれば売れるのになぁ〜。苦労人のケヴィンさん、応援してるから頑張ってっちょ!!
1999♪マイ・ビューティー♪ケヴィン・ローランド♪Kevin Rowland
1985♪Don’t Stand Me Down♪Dexys Midnight Runners♪デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ
1982♪Too-Rye-Ay [Deluxe Edition]♪Dexys Midnight Runners♪デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ

80s~ | | |ページ上部へ

▼脱力「ツァラトウストラかく語りき」

Portsmouth Sinfoniaイギリスのレコード・レーベル「トランスアトランティック・レコード」の1961-1977の歴史を網羅した4枚組のボックス「The Transatlantic Story」。イアン・キャンベル、バート・ヤンシュ、ペンタングルなどのフォーク、トラッド組、アラン・ハルやジェリー・ラファティーのシンガー・ソングライター組。サーカスやグリフォンのプログレ組。ミック・ファーレンなんていうアヴァンギャルドな親父もいる。そんな中にひと際異色なのがポーツマス・シンフォニアの「ツァラトウストラかく語りき」。この音、学校の講堂から流れてきた懐かしい響きにそっくりだよ。熱意は人一倍、練習するがいつも調子っぱずれの学生オーケストラ並みの演奏にただただ唖然。でも、この脱力感が癖になるのよね。この音がレコードになっただけでも驚きだが、ブライアン・イーノが関わっているというのもまたまた驚きだ。「ツァラトウストラかく語りき」が一躍有名になったのは、やはり、キューブリックの「2001年宇宙の旅」。映像にピッタリはまったクラシック音楽はお見事。クロスオーヴァー界からはブラジルの奇才デオダートの72年の大ヒット・アルバム「ツァラトウストラかく語りき」。そして、エルヴィスもマジソン・スクウェア・ガーデンのコンサートのオープニングに使ってますね。
Portsmouth Sinfonia
Portsmouth Sinfonia
Portsmouth Sinfonia
70s | | |ページ上部へ

▼バンドの要はドラムだね

My Favorite 5
Drums
先日、ボーカルにポール・ロジャースを迎えての、クィーン復活ライヴDVDを拝見。そのコンサートの中盤、ふっくらしたドラムのロジャー・テイラーさんが、ドラム・ソロをやりますとズンドコ、観客の手拍子も交え大いに盛り上がる。この曲聴き覚えがあるぞと解説を見ると、サンディ・ネルソンの「Let There Be Drums」。でも、このノリはどちらかというと、コージー・パウエルの「Dance with the Devil」じゃないのかな? ということで、私のお気に入り*5 (ドラムス編)
New Orleans
Emerson, Lake & Palmer
A, B, C面に各々のソロ、D面にグループ渾身の演奏。77年、ELPにとって久々のアルバム「四部作」は、リアル・タイムで聴いた愛着ある作品です。カール・パーマーのソロから、とぼけた感じが大好きな「New Orleans」をセレクト。クラスの友達に、この曲の後にストーンズの「Brown Sugar」を選曲したテープを聴かせたら、曲のつながりがかっこいいといたく感激してたな。
Under a Raging Moon
Roger Daltrey
ザ・フーのロジャー・ダルトリーの85年のソロから、7人のドラム・ソロが繰り広げられる「Under a Raging Moon」。その7人とは、Martin Chambers (プリテンダーズ)、Roger Taylor (クィーン)、Cozy Powell、 Stewart Copeland (ポリス)、Zak Starkey (リンゴの息子)、Carl Palmer (ELP)、Mark Brzezicki (?)、最後の人が判らないと調べたら、ビッグ・カントリーのドラマーだそうだ。へぇ?意外なつながり、もうちょっとよ?く聴かなくっちゃ。
I Got A Problem
Neil Young
気まぐれなニール親父、ゲフィン時代はテクノ、ロカビリー、カントリーとはハチャメチャにやりなさった。そんな中でも、ハード・ロック色が強いこのアルバムは比較的安心して聴けたぞよ。あぁ?と凄まじい雄叫びに始まり、スティーブ・ジョーダンの重たいビート、ヒリヒリとギターがつんざく「I Got A Problem」はお気に入り。LD「ソロ・トランス」で初披露されたナンバーだが、いっそうハードになりました。
Circus
The Jam
ザ・ジャムの傑作ラスト・アルバム「The Gift」から、楽しいインスト・ナンバー「Circus」。ザ・ジャムにしては、途中レゲエっぽくなるのが意外。BBCのライブもあるが、こちらは緊迫感が無く、場末のクラブっぽい演奏。ザ・ジャムの解散がイギリスで大きく取り上げられたのも、今は昔か。
Uncomplicated
Elvis Costello & the Attractions
私が行ったエルヴィス・コステロのコンサートのオープニングが、この曲じゃなかったかな? 変質的なビートにぶったまげ、あっ、やられたと思いました。大方の人が退いてしまうようなナンバーを初っぱなに持って来るとは、度胸あるよなぁ?、流石コステロ。

▼いいもの見っけ! アーレン・ロス

ibushigin recordsの気になるClassic Rock
1980♪ホット・ピックアップス♪アーレン・ロス♪Arlen Roth
1980
☆ Arlen Roth
♪ Treat Her Right - Arlen Roth with Jack Bruce
最近、偶然手に入れたのがこのCD「ホット・ピックアップス/アーレン・ロス」。昔々、輸入盤屋の壁か? 音楽雑誌の小さな記事か? どこで見かけたか忘れてしまったが、この珍しいギターを抱えた、もじゃもじゃ頭の青年の誠実なジャケットは非常に印象に残っていました。これは彼の80年のセカンド・アルバムで、珍しいギターはストリング・ベンダー・ギター。その音色はクラレンス・ホワイト在籍時のバーズのアルバムで耳にして事があるかと思います。弾きこなすにはかなりのスペシャル・テクニックを必要とするそうで、そのややっこしさはギターの形にも表れていますね。アルバムの感触は同世代のシンガー・ソングライター、スティーヴ・フォーバートに近いかな。ジョニー・リヴァースのしっとりとしたカバー「Poor Side of Town」、ギター・インストでは初めて聴いた驚きのカバー「男が女を愛する時」、ギターがピキピキ心地良い「Treat Her Right」はキンクス風のリフがはさまって超ご機嫌、最後の「August Nigits」は、ダイアー・ストレイツのマーク・ノップラー風のギターが飛び出して来るよ。アーレン・ロスのホームページには、彼が参加したセッション・データがあるから、素晴らしい演奏を見つけるのも面白そうだね。
1975♪ビトウィーン・ザ・ラインズ: 愛の回想録♪ジャニス・イアン♪Janis Ian
2004♪ザ・ケープマン♪ポール・サイモン♪Paul Simon
1987♪Arlen Roth♪Arlen Roth♪アーレン・ロス

SSW | | |ページ上部へ
 
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ポイント ちょびリッチ
ポイント ちょびリッチ