私が長年聴き続けている、大好きなクラシック・ロックの数々、その思い出をちょっぴりご紹介。

Masterpiece Records: 大好きなクラシック・ロック・メモリーズ

TOPRSS
トップ British
 次のページ

▼下世話でキャッチーなギターがカッコいい、センセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンドの「The Faith Healer」

ibushigin records My Favorite Classic Rock: いぶし銀レコードの気になるクラシック・ロック
1979♪Country Boy♪Albert Lee
1979
エリック・クラプトンやエミルー・ハリス、ビル・ワイマンとの活動でおなじみのアルバート・リー。てっきりテン・イヤーズ・アフターのギタリストだと思ってたが、彼はアルヴィン・リー、いやぁ〜勘違い、ゴメンなさい。アルバートはクリス・ファーロウ&ザ・サンダーバーズ出身。彼の79年ソロ・アルバム「Hiding」から、代表曲「Country Boy」は、コキコキと歯切れのいいテレキャスターのフレーズ、ニコニコとした朗らかな笑顔から繰り出される、抜けるような速弾きで気分もウキウキ、陽気にスウィングしましょ!
1982♪Dream Away♪George Harrison
1982
ジョージ・ハリスンの歌声を久々に聴いたのは、キュートな呪文のさわやかなメロディ「オ・ラ・イ・ナ・エ」。これは、83年、ジョージがプロデュースした、テリー・ギリアム監督の時空を駆けるファンタジー映画「バンデットQ」の主題歌でしたね。76年アルバム「33 1/3」以来、彼の音楽にはご無沙汰だったから、このナンバーがどのアルバムに収録されているのやら? あれぇ! 原題は「Dream Away」じゃないの、82年「Gone Troppo」収録なのね。スティーヴィー・ワンダーの元奥様シリータ・ライトも参加にはちょっと驚き、ビリー・プレストン繋がりなんでしょうね。
1976♪Tonight’s the Night (Gonna Be Alright)♪Rod Stewart
1976
ロッド・スチュワートの76年大ヒット「今夜きめよう」は、ブリット・エクランドの甘ったるい囁きが堪らない、気持ち和らぐ助平なバラッド。「音楽雑誌・ジャム」80年3月号には、ヒョウ柄のジャンプスーツでソファーに横たわるブリット嬢の色っぽいお写真とインタビューが掲載。ロッドの「Greatest Hits」収録「今夜きめよう」の彼女の囁きがカットされた事について、「気にしてないわ。多分、アラナがダメだと言ったんでしょ」とあっけらかん。彼女は79年ジェット・レコーズからディスコ・シングル「Do It To Me」をリリースしたんだって、ヌード・ジャケットだよん。
1980♪Mystifies Me♪Ian McLagan
1980
ストーンズの78年アルバム「Some Girls」に参加したフェイセズのイアン・マクレガンは、続くストーンズのUSツアー、ロン・ウッドの79年アルバム「Gimme Some Neck」、ニュー・バーバリアンズのツアー、そして、80年、自身の初ソロ・アルバム「Troublemaker」のリリースと大忙し。このアルバムには、ニュー・バーバリアンズの面々の他にも超豪華なメンツが参加。気取らない雰囲気、スカッと弾ける自由闊達なサウンド。ロンの「俺と仲間」からゴスペル風味の高揚感に満ちたバラッド「Mystifies Me」をカヴァー、後半はレゲエ調で陽気にウキウキ、ご機嫌だよ!
1971♪The Low Spark of High Heeled Boys♪Traffic
1971
ウィキペディアによれば、映画「俺たちに明日はない」の登場人物C・W・モスを演じたマイケル・J・ポラードがタイトルを提案したいう、トラフィックの71年ナンバー「The Low Spark of High Heeled Boys」は、迷宮に誘い込むかのようなゆったりとしたグルーヴが最高に気持ちいい。このナンバーが収録されたアルバムは6角形の変形ジャケットで、トニー・ライトが担当。彼はトラフィックの次作「Shoot Out at the Fantasy Factory」やツトム・ヤマシタの「Go, Live from Paris 1978」、スティーヴ・ウインウッドの「Arc of a Diver」「Talking Back to the Night」と、ウインウッドとの関連が深いですね。
1978♪Don't Kill the Whale♪Yes
1978
飛び散る潰れたトマトが斬新なヒプノシスのジャケット、イエスのアルバム「Tormato」がリリースされた78年、音楽シーンはパンク、ニューウェイブが活況を呈する中、苦戦を強いられたプログレッシブ・ロック勢がシフトしたのは、ポップでコンパクトな曲作り。「Tormato」からシングル・カットされた「クジラに愛を」はジョン・アンダーソンとクリス・スクワイアのナンバー。地球の危機を知らせるかのような切迫したギター・フレーズ、クジラの鳴き声を模したキーボードの音色が親しみやすいナンバー。そして、83年、イエスの「Owner of a Lonely Heart」の大ヒットがプログレのポップ化を促進しましたね。
1973♪The Faith Healer♪The Sensational Alex Harvey Band
1973
労働階級のヒーローにして酔いどれパイレーツ、アレックス・ハーヴェイ率いるザ・センセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンドは、もっとも英国らしい実力派バンド。73年アルバム「Next...」から「The Faith Healer」は、不穏なグルーヴがひたひたと漂い、木霊するパーカション、ガッツ溢れるギターが激しく煽る劇的な演出、さぁ、いよいよ登場、ねっとりとした独特の節回し、クレイジーなアレックス・ハーヴェイ! ケレン味たっぷりのこのナンバー、道化師メイクのザル・クレミンンソンが織りなす、下世話でキャッチーなギターリフが最高にカッコいい、SAHBの魅力が最大限に詰まった大作です。
1977♪Let It Go, Let It Flow♪Dave Mason
1977
78年3月18日、オンタリオ・モーター・スピードウェイで催されたカリフォルニア・ジャム II。サンタナ、ハート、フォリナー、エアロスミスなど、当時人気のミュージシャンが一同に会し、30万人以上の大観衆を沸かせたロック・フェスティバルです。私もテレビで放映されたライヴ映像にワクワク。特に印象深かったのは、温もりのある笑顔と軽やかなメロディで魅了したデイヴ・メイスン。前年にリリースされたアルバム「流れるままに」が好評で、このライヴでも、キャッチーで清々しい「Let It Go, Let It Flow」や爽やかで美しいバラッド「We Just Disagree」を披露しました。

British | | |ページ上部へ

▼ケヴィン・エアーズの浮世離れした呑気な歌声が微笑ましいウキウキなロックンロール

ibushigin recordsの気になるClassic Rock
1972♪Rock and Roll Queen♪Mott The Hoople
1972
元気溌剌
British
M.C.エッシャーの爬虫類リトグラフを使ったモット・ザ・フープルの69年デビュー・アルバム「Mott the Hoople」。あれっ、色が付いてるぞ! エッシャーは72年3月に亡くなってますから、存命中のリリースだったわけですね。ゴツゴツとしたギターリフがカッコいいストーンズ風ロックンロール「Rock and Roll Queen」が大好き。
1972♪My Friend the Sun♪Family
1972
しっとり
British
英国のバンド、ファミリー、メンバーのロジャー・チャップマンとジョン・チャーリー・ホイットニーの書く味わい深いナンバーの数々は、通をも唸らすいぶし銀の佇まい。72年アルバム「Bandstand」から、トラッド・フォーク調の「My Friend the Sun」は、英国の田園風景を思わすような枯れた味わいが心を洗うしっとりした名曲。
1971♪Miss Judy’s Farm♪Faces
1971
興奮
British
フェイセズの71年アルバム「馬の耳に念仏」から、ロッド・スチュワートとロン・ウッドによるオープニング・ナンバー「Miss Judy’s Farm」は、重心の低いぶっきらぼうなグルーヴに、ゴツゴツとイカしたギターリフ、やんちゃで小気味いいキーボード、ロッドの塩辛いヴォーカルが一丸となって、ドタバタと暴れまくるご機嫌なロックンロール。
1979♪Rock ‘n’ Roll Fantasy♪Bad Company
1979
ウキウキ
British
「Desolation Angels」から、第一弾シングルは元気溌剌「Rock ‘n’ Roll Fantasy」。イントロのギターでいきなりノックアウト、粘りあるベース・ラインがぐいぐい引っぱり、シンセ・ドラムがチープな彩りを添える、キャッチーなナンバー。この当時、目新しいシンセ・ドラムがロックに結構導入されてたんですよ。
1974♪Didn't Feel Lonely Till I Thought of You♪Kevin Ayers
1974
ウキウキ
British
ルパート・ハインをプロデューサーに、多彩なゲストを招いた、ケヴィン・エアーズの74年アルバム「夢博士の告白」から「Didn't Feel Lonely Till I Thought of You」は、オリー・ハルソールの悶絶ギターに昇天しつつも、ケヴィンのどこか浮世離れした呑気な歌声が微笑ましいウキウキなロックンロール。
1970♪War Pigs♪Black Sabbath
1970
不気味
British
アメリカン・インターナショナル・ピクチャーズ63年作ボリス・カーロフ主演の「ブラック・サバス/恐怖!三つの顔」から命名されたブラック・サバス。彼らの70年セカンド・アルバム「Paranoid」から、地を這うような重苦しいギターリフに戦々恐々のサウンド、暗闇から襲いかかってくようなとおどろおどろしい「War Pigs」。
1976♪Modern Music♪Be Bop Deluxe
1976
壮大
British
時代の狭間を去来するモダン・ロックの教祖ビー・バップ・デラックスが産み落とした傑作コンセプト・アルバム「Modern Music」。人工美に彩られたようなハリウッド・ロマンス、息つく暇も与えぬ恍惚の組曲「Modern Music」は圧巻。人工甘味料たっぷり、ポップでモダンなビー・バップ・ワールドをご満喫あれ。
1981♪Rock ‘n’ Roll Preacher (Hallelujah Im On Fire)♪Slade
1981
興奮
British
不穏な空気が漂う嵐の中、厳かなオルガンの音色、雷鳴が轟き、ノディ・ホルダー牧師の巻き舌で塩辛い濁声が木霊する、さらに大きな雷鳴が…、「ハレルヤ、アイム・オン・ファイアー♪」、さぁ、突っ走れ! ハイテンションで危ないR&Rお説教。スレイドの最高にご機嫌な「Rock'n'Roll Preacher」は、私の大好きなクレイジーでラウドなナンバー。

British | | |ページ上部へ

▼あなたはラトルズを受け入れられるか? 受け入れられないか?

ibushigin recordsの気になるClassic Rock
1978♪四人もアイドル♪ザ・ラトルズ♪The Rutles
1978♪四人もアイドル♪ザ・ラトルズ♪The Rutles
1978
☆ Words of Innespiration
♪ Shangri-La - The Rutles
♪ Cheese And Onions - The Rutles
♪ Piggy In The Middle - The Rutles
♪ How Sweet to be an Idiot - Neil Innes
♪ Godfrey Daniel - Neil Innes
♪ I’m the Urban Spaceman - Bonzo Dog Band
95年11月〜96年10月にかけて、世界中を大興奮させたザ・ビートルズの未発表曲やデモ、別テイクを収めた「Anthology」シリーズ。でも、私はあのバンドの新作を待ちに待っていました。そう、ザ・ラトルズのアルバム「Archaeology」。アンソロジーならぬアーキオロジー(考古学)とは大笑い。 ビートルズのパロディ・バンド、ラトルズのメンバーは、ロン・ナスティ、ダーク・マックィックリー、スティッグ・オハラ、バリー・ウォムのFAB4に似せた4人。しかし、その実態は、ボンゾ・ドッグ・バンドのニール・イネスとモンティ・パイソンのエリック・アイドル、リッキー・ファター、ジョン・ハルシー、そして、助っ人としてパトゥやケヴィン・エアーズとの活動で知られる凄腕ギタリスト、オリー・ハルソールです。 78年、架空のバンド、ラトルズのモキュメンタリー「オール・ユー・ニード・イズ・キャッシュ」が話題となり、そのサウンドトラック「4人もアイドル」がリリース。偉大なるグループ、ビートルズを笑い飛ばすとは何たることや! 音楽的な背景を何も知らなかった当時の私は腹立たしく思ったものでした。 しかし、レコード・コレクターズの特集「裏ビートルズ:ボンゾ・ドッグ・バンド〜モンティ・パイソン」や、オリジナルにボーナス・トラックを加えライノ・レコーズからリイシューされた「The Rutles」、世界初のCD化となったニール・イネスの傑作「Off The Record」、ラトルズの出発点となったエリック・アイドルとニール・イネスの「The Rutland Weekend Songbook」など、 彼らの音楽的背景が次第に明らかになり、いつの間にか私の大のお気に入り。 さて、そのラトルズのアルバム、78年「The Rutles」からは、硬質なギターリフがイカしたビート・ナンバー「Goose-Step Mama」、ベートーヴェンじゃなくて陽気なシューベルト「Blue Suede Schubert」、軽快で開放感溢れるギターにうっとり「I Must Be In Love」、あれっ! と聞き慣れたはずのフレーズがひっくり返る「With A Girl Like You」、鼻に詰まった長閑な歌声が微笑ましカントリー調の「Living In Hope」、ゆらゆらと揺らめくラーガ・ロック「Nevertheless」、フランス国家「ラ・マルセイエーズ」ならぬ、権兵衛さんの赤ちゃんが風邪ひいた♪の「ジョン・ブラウンの屍」に思わずずっこけるイントロ「Love Life」、強烈にヘヴィーで幻覚的な「Piggy In The Middle」、極上の気分にしてくれるセンチメンタルな名曲「Cheese And Onions」、ギターが小気味良く踊る熱気を帯びたロックンロール「Get Up And Go」など。 96年「Archaeology」からは、しっとりと美しい旋律の中にもちょっぴり苦みが効いたバラッド「Questionnaire」、60年代中期を彷彿とさせる哀愁漂うフォーク・ロック「Lonely-Phobia」、ジョージの「I Me Mine」のように曲が転調、緊迫感溢れるハードなブルース「Hey Mister!」、捻くり具合は巡り巡ってXTCにも通ずるサイケ・ポップ「The Knicker Elastic King」、ヘヴィーなリフがずっしりのしかかるクールでダークな「Eine Kleine Middle Klasse Musik」、グニャグニャと蠢くビート、よろめく陶酔感「Joe Public」、懐かしい遊園地に迷い込んだかのような、朗らかなオーケストラがやさしく包む、豪華でウキウキさせてくれる大作「Shangri-La」、蕩けるように心地良いバラッド「Don't Know Why」など。どれもこれもビートルズそっくりなんだけどハズし方が絶妙、思わずくすっとくすぐられる極上のパロディ・センスに、流石と唸る。 あなたはラトルズを受け入れられるか? 受け入れられないか? 今後の音楽の楽しみ方を左右しかねないとてつもないアルバムですぞ! さぁ、みんな一緒に「オール・トゥギャザー・ナウ、1・2・3! らぁ〜・でぃ・どぅ・だぁ、らぁ〜・でぃ・だぁ! ヒア・ウイ・アー・イン・シャングリ・ラ!」
1967♪ゴリラ♪Bonzo Dog Band♪ボンゾ・ドッグ・バンド
1982♪オフ・ザ・レコード♪Neil Innes♪ニール・イネス
1976♪ラトランド・ウィークエンド・ソングブック♪Eric Idle & Neil Innes♪エリック・アイドル&ニール・イネス

British | | |ページ上部へ

▼「庶民のファンファーレ」は、ロック・ファンに広く知れ渡る現代クラシック

ibushigin recordsの気になるClassic Rock
2009♪Works [Deluxe Edition]♪Emerson, Lake & Palmer♪エマーソン・レイク・アンド・パーマー
2009
☆ Emerson, Lake and Palmer
♪ Fanfare For The Common Man - Emerson, Lake & Palmer
♪ Pirates [part 1] - Emerson, Lake & Palmer
♪ Pirates [part 2] - Emerson, Lake & Palmer
♪ The Enemy God Dances with the Black Spirits - Emerson, Lake & Palmer
♪ Movement For The Common Man - Styx
♪ Honky Tonk Women - The Rolling Stones
華やかなパーカッションに渦巻くラテンリズム、花火がバチバチと幾重にも弾け、高らかに轟くファンファーレ、沸き上がる大歓声。チャーリーの軽いウォーミング・アップに、キースのラフなギターイントロ、ミックが「シュガー!」と吐き捨てる、77年、ローリング・ストーンズの傑作ライヴ・アルバム「Love You Live」の「庶民のファンファーレ」から「ホンキー・トンク・ウィメン」へと続くオープニングはいつ聴いてもあまりのかっこ良さにゾクゾクしちゃう。 アメリカの作曲家アーロン・コープランドによる現代クラシック「庶民のファンファーレ」は、ストーンズの75年アメリカ・ツアーと76年ヨーロッパ・ツアーのオープニングに使われ、ロック・ファンに広く知れ渡る事となりましたね。 また、エマーソン・レイク&パーマーも、77年「ELP四部作」の中でこの「庶民のファンファーレ」を取り上げ、プロモーション・ビデオも作られました。雪が降り積もった誰もいないモントリオール・オリンピック・スタジアムに、ド派手な機材を持ち込んで、白い息を吐きながらの熱演。あったかそうな防寒ジャンパーを着込んでいるものの、あまりの寒さに手がかじかんじゃうぞ。 凄まじい迫力、不穏な雰囲気漂うグルーヴ感にぶったまげる、エマーソン・レイク&パーマーの人気ナンバーとなりました。 さらに、最初に、現代クラシック「庶民のファンファーレ」をロックに取り入れたのは、アメリカン・プログレのスティクス。72年のデビュー・アルバム「Styx」収録の「Movement for the Common Man」組曲に、ちらっと「庶民のファンファーレ」を織り込んでますよ。
1977♪Love You Live♪The Rolling Stones♪ザ・ローリング・ストーンズ
2005♪The Complete Wooden Nickel Recordings♪Styx♪スティクス
2010♪A Time & A Place♪Emerson, Lake & Palmer♪エマーソン・レイク・アンド・パーマー

British | | |ページ上部へ

▼ジ・アニマルズが83年9月リユニオン・ツアーで来日

ibushigin recordsの気になるClassic Rock
1983♪Ark♪The Animals♪ジ・アニマルズ
1983
☆ Eric Burdon
♪ Meltdown - The Animals
♪ Trying To Get To You - The Animals
♪ I 'm Crying - The Animals
♪ House of the Rising Sun - The Animals
♪ O Lucky Man! - Alan Price
1983♪Ark♪The Animals♪ジ・アニマルズ
60年代ブリティッシュ・ビート・グループと言えば、ビートルズにストーンズ、キンクス、ザ・フー、そして忘れてはならないのが、ニューキャッスル出身のワイルドで黒っぽいジ・アニマルズ。 そのジ・アニマルズが83年9月リユニオン・ツアーで来日。彼らのナンバーは「朝日のあたる家」と「悲しき願い」の2曲しか知らなかったけど、ロック・ヒストリーに燦然と輝くグループだけに、これは是非とも見ておかなくちゃいけないぞ! と、ベスト盤と再結成を期にリリースされたニューアルバム「Ark」を買って、コンサート前にお勉強。 リユニオン・アルバム「Ark」は、復活の狼煙を上げるポップで元気溌剌なオープニング「Loose Change」、アニマルズ流のディープなレゲエ「Love Is for All Time」、エリック・バードンが狂おうしく吼える隆々たるナンバー「Prisoner of the Light」、黒くうねるグルーヴィー「Hard Times」、ニューウェイブを意識したかのようにポップでモダンなシングル「The Night」、R&Bのヴォーカル・グループ、イーグルスが54年にリリースしたブルース・ナンバーの力強いカバー「Trying To Get You」、躍動感溢れる堂々たるナンバー「Just Can't Get Enough」、ダイナミックでハードな「Melt Down」、軽やかに突っ走る「Crystal Nights」など、バラエティ豊か粒ぞろいのナンバーが詰まった私のお気に入りです。 このアルバムは、エリック・バードンが彼のバンドと作り上げたナンバーや、サポート・ギタリストのスティーヴ・グラントの活躍が目立つ一方、アラン・プライスのナンバーはボーナス・トラックとして収録されたシングルB面「No John No」のみと活躍の場が少なく、バードン主導で作られたアルバムのようですね。お手本は「Love Stinks」「Freeze Frame」でメジャーなヒットを放ち、一躍世界的な人気を獲得したJ. ガイルズ・バンドかな? さて、アニマルズの来日コンサート。ステージに登場したのはオリジナル・メンバーを上回る大人数。 ヴォーカルのエリック・バードンはもちろん分かる、流麗にオルガンを奏でるのはアラン・プライス、ベーシストの大男はジミ・ヘンのマネージャーも務めたチャス・チャンドラーだろうなぁ、そして、あのギタリストがヒルトン・ヴァレンタインで、ドラムスはジョン・スティールかな? そして、サポート・メンバーの中にズート・マニーがいたとは後で知る事実。 ニュー・アルバム「Ark」からのナンバーはもちろん、オリジナル・アニマルズ、エリック・バードン&ジ・アニマルズ、そして、アラン・プライスのソロ・ナンバーも披露。とりわけ、サポート・メンバーが後ろへ下がり、オリジナル・メンバーだけによる「朝日のあたる家」はとても感動的でした。そこからは、一挙にヒット・パレードへなだれ込み、興奮に次ぐ興奮で大盛り上がり。 ストレンジ・デイズからリリースされた「The Last Live Show」には、このリユニオン・ツアーの模様が収められ、当時をたっぷり懐かしめますよ。
1977♪Don't Let Me Be Misunderstood♪Santa Esmeralda♪サンタ・エスメラルダ
2008♪The Last Live Show♪ジ・アニマルズ♪The Animals
1965♪ワーク・ソング♪尾藤イサオ♪悲しき願い

British | | |ページ上部へ
 次のページ
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ポイント ちょびリッチ
ポイント ちょびリッチ