私が長年聴き続けている、大好きなクラシック・ロックの数々、その思い出をちょっぴりご紹介。

Masterpiece Records: 大好きなクラシック・ロック・メモリーズ

TOPRSS
トップ Giants
 次のページ

▼ルー・リードの「Coney Island Baby」は、いつも気軽に聴ける味わい深いアルバム

ibushigin recordsの気になるClassic Rock
1975♪Coney Island Baby♪Lou Reed♪ルー・リード
1975
☆ Lou Reed's official site
♪ Coney Island Baby - Lou Reed
♪ Charley's Girl - Lou Reed
♪ Kicks - Lou Reed
♪ A Gift - Lou Reed
♪ Coney Island Baby - Lou Reed
レコードをパンティーで包んで挑発したのは、アリス・クーパーの72年アルバム「School's Out」だったけど、このアイデアを借用し、いろんなレコードにアンダーウェアを履かせてみたのは「マルチ感覚派のロック・マガジン:ジャム81年1月号」の企画。 カーリー・サイモン「Come Upstairs」は品のいいレースをあしらった光沢のある上品なパンティー、ジャパン「Quiet Life」は自己陶酔的な透け透けのスキャンティー、クリスティーナ「Cristina」は知性と魔性が共存する黒のクロッチレス、テディ・ペンダーグラス「Teddy」はセクシーな魅力がむせ返る深紅のビキニ、ブルース・スプリングスティーン「Darkness on the Edge of Town」は逞しい真っ白なBVD、ニーナ・ハーゲン・バンド「Unbehagen」は妖しくうごめく紫の電気クラゲ風スキャンティー、イッシュ・レデズマ「Ish」は野性的でスタイリッシュなビキニ、リーナ・ラヴィッチ「Flex」はリボンをあしらったエレガントなズロース、ドナ・サーマー「On the Radio: Greatest Hits」は水玉と赤いバラの刺繍が大人の女性の可愛らしさを感じさせるパンティなど、このレコードにはこのアンダーウェアと、スタイリストさんのセンスの良さにあっぱれ!あれやこれやの24枚。 さて、私が気になったのは、正面のシンプルな黒白のラインがストイックでお洒落なパンツを履いたレコード、ルー・リードの75年アルバム「Coney Island Baby」。 写真家ミック・ロックよる、山高帽をちょいと傾げ覚めた視線を送るルーのおぼろげなポートレートがイカしてる。 まったりとしたギターにうっとり、さわやかでポップな「Crazy Feeling」、パーカッションのノリが最高!ファンキーな「Charley's Girl」、後にヴェルヴェット・アンダーグラウンドのコンピレーション「VU」にも収録、力強いソウルフルな「She's My Best Friend」、雑談と胸騒ぎの静かなビートが交錯し、ルーのクールな語りが刺激的、次第に熱を帯びる「Kicks」、「アイ、アイ、アイ…♪」とゆらり揺られる長閑なメロディ、遠くに鳴るオカリナ風の音色が可愛らしい「A Gift」、ギターがハードに引っ掻く、グラムの雰囲気を残すロック・チューン「Ooohhh Baby」、雄大にうねるリズム・セクションに呑気なカントリー調のメロディが朗らかに乗っかる「Nobody's Business」、淡々と語られるルーの心情、じわじわと染み入るバラッドに、ほんのりドゥワップを感じる「Coney Island Baby」。 ルーとゴドフレイ・ダイアモンドのプロデュースによるこのアルバムは、デヴィッド・ボウイとミック・ロンソンによる「Transformer」やボブ・エズリンよる「Berlin」のような派手さは無いが、いつも気軽に聴ける味わい深い大好きなアルバムです。
1972♪Schools's Out♪Alice Cooper♪アリス・クーパー
1974♪June 1, 1974♪John Cale♪Kevin Ayers
1973♪Raw Power♪Iggy and the Stooges♪The Stooges

Giants | | |ページ上部へ

▼ほとばしるエネルギー、鋭く熱い演奏に、ストリート・ロッカーたるディオンの凛々しい姿

ibushigin recordsの気になるClassic Rock
1989♪Yo Frankie♪Dion♪Dion DiMucci
1989
☆ Dion DiMucci - Official Website
♪ King of the New York Streets - Dion
♪ Writtten on the Subway Wall/ Little Star - Dion
♪ Drive All Night - Dion
♪ The Wanderer - Dion
♪ A Teenager In Love - Dion
♪ Baby Ride Easy - Carlene carter and Dave Edmunds
♪ The Wanderer - Dave Edmunds
「浮気なスー」「ザ・ワンダラー」「ルビー・ベイビー」などの大ヒットで知られるディオンことディオン・ディムーチ。彼を往年のオールディーズ・ロッカーと侮ることなかれ、デイヴ・エドモンズをプロデューサーに迎えた89年アルバム「Yo Frankie」は、生きのいいバリバリのロックンロールがいっぱい詰まったイカしたアルバム。 デイヴと共にディオン御大を守り立てる、ドラムスのテリー・ウィリアムズはロックパイルやダイアー・ストレイツ、ベースのフィル・チェンはザ・バッツ・バンドやロッド・スチュワートのバンド、キーボードのチャック・リーヴェルはオールマン・ブラザーズ・バンドやストーンズのサポート・メンバー、サクソフォーンのジム・ホーンは数々のセッションをこなすプレイヤーと、おなじみのバンドで活躍する強者揃い。豪華なゲストも招いて和気あいあい。 オープニングは、「トゥットゥ、トゥットゥトゥルー♪」とぶっきらぼうなルー・リードのコーラスをバックに、下町の危険な匂いがプンプン、ディオンが威勢良く捲し立てる「King of the New York Streets」、パティ・スマイスのタフなコーラスに加わりストリート感覚を呼び覚ます、ダイアン・ウォーレン作のポピュラーな「And the Night Stood Still」、ドラムがビシバシ決まれば、ピアノが軽快に弾む、鯔背なドゥーワップ「Yo Frankie (She's All Right with Me)」、デイヴがジェフ・リンと作り上げたポップでモダンなエレクトリック・ロックンロールを再現、 ポリス風の小気味いいギターにウキウキ「I've Got to Get to You」、いきなり哀愁のフレーズにハートがキュン! 粋なアクセントとして、ポール・サイモンが「Twinkle Twinkle Little Star...」と、ジ・エレガンツのドゥーワップ・ヒット「Little Star」のフレーズを優しく歌い込めば、ハートうるうる「Written on the Subway Wall /Little Star」、ギター豪快に唸り、ご機嫌に突っ走れ! ちょっぴり下世話なサキソフォーンがイカしてる、ブライアン・アダムスがプロデュースしたエキサイティングな「Drive All Night」、スパイスが効いたフィル・スペクター風のロック・シンフォニー「Always in the Rain」、切なくも甘いピアノの調べ、清らかなコーラスにうっとり、ほろ苦い大人のバラッド「Serenade」は、トム・ウェイツの74年アルバム「土曜日の夜」から「San Diego Serenade」のカヴァーと、ディオンの暖かみのある希望に満ちた歌声に元気づけられるます。 リトル・キングスを率いて、地元ニューヨークにおける沸き立つ94年ステージは、ライヴ・アルバム「Live In New York」で満喫出来ます。ほとばしるエネルギー、鋭く熱い演奏に、ストリート・ロッカーたるディオンの凛々しい姿を見ました。
2001♪Live in New York♪Dion♪Dion DiMucci
1991♪Rock On!♪Del Shannon♪デル・シャノン
1989♪Mystery Girl♪Roy Orbison♪ロイ・オービソン

Giants | | |ページ上部へ

▼重苦しさが漂い、イギー・ポップのヘヴィーなヴォイスがぬめぬめと蠢く、戦慄のナンバー「Dum Dum Boys」

ibushigin recordsの気になるClassic Rock
1975♪I Keep A Close Watch♪John Cale
1975
75年アルバム「Helen of Troy」から、情緒豊かな美しいバラッド「I Keep A Close Watch」、その流麗なストリングスの調べにうっとり。担当したは、ニック・ ドレイクのストリングス・アレンジで有名なロバート・カービー。そういえば、ケイルはニックの「Bryter Layter」に参加してたもんね。82年アルバム「Music for a New Society」にも「Close Watch」は収録、環境音楽のような淡白な調べも心地好い。
1973♪Editions of You♪Roxy Music
1973
妖しくテカる黒いボンテージ、くねりと品を作るアマンダ・レア嬢は、黒豹を連れてお散歩。傍らにはニタリ顔のブライアン・フェリーがお出迎え。危ない夜、プンプンとフェロモンを発するフェティッシュなジャケット、ロキシー・ミュージックの73年セカンド・アルバム「For Your Pleasure」から、ウキウキのイントロに導かれ、サックス、シンセ、ギター、ドラムが大混乱の乱痴気騒ぎ、ダイナミックなダンス・ナンバー「Editions of You」。
1973♪Jet♪Wings
1973
レコードを小脇に抱えニコニコ、初めて買ったLPは、ウイングスの73年アルバム「Band on the Run」、もちろんお目当てのロック・ナンバー「Jet」が入っていたから。ワクワクさせるゴージャスなイントロ、「ジェット、ウウウゥ、ウゥ〜ウウ、ウゥ〜ウウ♪」と、躍動的で親しみやすいフレーズ、ちょっぴりレゲエのリズムをまぶした、ポール・マッカートニー流の眩いばかりのグラマラス・ロック。
1970♪It's Too Late♪Derek and the Dominos
1970
言わずと知れたロックの名盤、デレク&ザ・ドミノスの「いとしのレイラ」。何度も聴いたこのアルバム、最近のお気に入りは、ジミヘンの勇壮なカヴァー「Little Wing」と狂おうしい名曲「Layla」の間に挟まれた、ゆったりとした渋いバラッド「It's Too Late」。作者のチャック・ウィリスはターバンを巻いた不思議なR&Bシンガー、彼の未練タラタラひなびた風情の56年オリジナル・シングルも味があるねぇ〜。
1976♪Hurricane♪Bob Dylan
1976
インディゴ・ガールズのライヴ「1200 Curfews」で、久しぶりに目にしたは、女性ヴァイオリニストのスカーレット・リヴェラ。彼女の名を世に知らしめたのは、もちろんボブ・ディランの76年アルバム「欲望」、その中から、激しい怒りに満ちたプロテスト・ナンバー「Hurricane」は、流浪の魂を宿したかのような、リヴェラが奏でるジプシー風ヴァイオリンの調べに、哀しくもへこたれない、不屈の精神のようなものを感じ胸を打つ。
1993♪Over the Edge♪The Kinks
1993
82年の初来日には行けず、悔しい思いの十年余り、やっと夢が叶ったザ・キンクスの来日は93年。ホヤホヤの新作「Phobia」はパワー溢れるアルバムだけに、ステージへの期待が大いに高まりました。チープなキーボードのイントロ、ぐるぐる巡る親しみやすいメロディ、絶妙なフックが効いた、大好きなナンバー「Over the Edge」もやってくれました。来日の思い出として買ったブートレッグ「Live at Kose Nenkin-Hall, Osaka 10/3/93」で、興奮のステージを再び…。
1977♪Dum Dum Boys♪Iggy Pop
1977
デヴィッド・ボウイがバックアップした、イギー・ポップの77年復活アルバム「愚者」から、閉塞的な重苦しさが漂い、イギーのヘヴィーなヴォイスがぬめぬめと蠢く、戦慄のナンバー「Dum Dum Boys」。ダム・ダム・ガールズってバンドがいるけど、イギーのこのナンバーも命名の切っ掛けなんだって。アルバム・カヴァーは、ボウイの「Heroes」共々、ドイツ表現派の画家エーリッヒ・ヘッケルの影響を受けたとか、カッコいいね!
1975♪Don't Cry No Tears♪Neil Young with Crazy Horse
1975
「ジャジャジャジャァ〜ン、ジャジャジャジャァ〜ン♪」といきなりのラウドなきターリフにノックアウト! ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホースの75年アルバム「Zuma」から、オープニング・ナンバーは、ザラッとした感覚に身震い、ぎこちなくも前向きに突き進む「Don't Cry No Tears」に血が騒ぐ。ニールの影響大なマシュー・スウィートもアルバム「Son of Altered Beast」の中で豪快にカヴァー。

Giants | | |ページ上部へ

▼小品ながらも美しく切ないブルー・アイド・ソウル、トッド・ラングレンの「A Dream Goes on Forever」

ibushigin recordsの気になるClassic Rock
1976♪Achilles Last Stand♪Led Zeppelin
1976
陶酔
Giants
ロック黄金期も終わりを告げようとしてた76年、ツェッぺリン最後の一踏ん張りの傑作アルバム「Presence」から「アキレス最後の戦い」。ヒリヒリとした緊張感をもたらすジミー・ペイジのギターリフが先導するハードロック・ナンバー。バンドが大きな固まりとなり、終焉に向かって突き進む姿が圧倒的です。
1977♪Love Me Madly Again♪Bryan Ferry
1977
陶酔
Giants
革ジャン革パンツ全身黒尽くめ、ギンギラギンのリーゼント、フライングVをかき鳴らすクリス・スペディングの勇姿、ずっしりと思い必殺のギターリフを打ち噛まし、ブライアン・フェリーのぬめっとした声が絡む、狂おうしい「Love Me Madly Again」は正にロックンロール・エクスタシー。
1987♪American Roulette♪Robbie Robertson
1987
興奮
Giants
ハートランド系のアメリカン・ロック大盛況の時代。87年、ダニエル・ラノワのプロデュースによる、待ちに待ったロビー・ロバートソンのソロ・アルバム「Robbie Robertson」。ザ・バンド時代では考えられなかった、ヒリヒリとした緊張感に、エッジの立ったハードなナンバー「American Roulette」。
1979♪Sumahama♪The Beach Boys
1979
うっとり
Giants
カリブ・レコードに移籍後、ビーチ・ボーイズのニュー・アルバム「L.A. (ライト・アルバム)」からエキゾチックな際物バラード「想い出のスマハマ」。なぜスナハマではないのか? それは当時マイク・ラヴのガール・フレンドのスマ子さんらしいですよ。愛しい彼女に敬意を表して作ったナンバーだったんでしょうね。
1982♪Walking on a Wire♪Richard & Linda Thompson
1982
陶酔
Giants
夫婦デュオ、リチャード&リンダ・トンプソンの82年の名作「Shoot out the Lights 」から、荘厳で美しいスローバラード「Walking on a Wire」。ピンと張り詰めたサウンドの中に、危機的な夫婦の崩壊を暗示させる虚脱感、緊張感、安堵感など、複雑な感情が入り交じる傑作です。
1974♪A Dream Goes on Forever♪Todd Rundgren
1974
うっとり
Giants
「魔法使いは真実のスター」に続く、74年「未来から来たトッド」から、メロディ・メイカー、トッド・ラングレンの腕が冴える、小品ながらもまったりとした美しくも切ないブルー・アイド・ソウル・ナンバー「A Dream Goes on Forever」。
1978♪Who Are You♪The Who
1978
興奮
Giants
ザ・フーをリアルタイムで聴いた唯一のアルバム「Who Are You」。当時、日本での彼らの人気は低く、手に入ったのは「Tommy」「Who's Next」「Live At Leeds」ぐらい。ピート・タウンゼントがパンクの申し子ジョン・ロットンに会った時のやり取りが、血湧き肉踊る名曲「Who Are You」の誕生となったのは有名なお話。
1996♪Summer Cannibals♪Patti Smith
1996
元気溌剌
Giants
96年、パティ・スミスの2度目の復活作「Gone Again」から、パンキッシュでスカッと弾けるタイトなR&Rナンバー「Summer Cannibals」。シャキッと引き締まったサウンドに、トム・ヴァーレインの恍惚レロレロ・ギターが溶け込む様はサイコー! NYパンク・ファンが待ちに待ったナンバーでした。

Giants | | |ページ上部へ

▼妖しさプンプン、下世話でムラムラ、ヤバい雰囲気を放つ、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのライヴ

ibushigin recordsの気になるClassic Rock
1974♪1969 Velvet Underground Live♪The Velvet Underground♪ヴェルヴェット・アンダーグラウンド
1974
☆ The Velvet Underground Web Page
♪ Heroin - The Velvet Underground
♪ We're Gonna Have A Real Good Time Together - Patti Smith Group
♪ Pale Blue Eyes + Louie Louie
- Patti Smith Group
♪ What Goes On - Bryan Ferry
♪ Sweet Jane - Ian Hunter
♪ Rock and Roll - Mitch Ryder
♪ ソリトン 金の斧銀の斧
「あれっ、1枚ものじゃなかったの?」と驚いたのが、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのライヴ盤「1969 Velvet Underground Live with Lou Reed」。 私が中古レコード店で買ったのは日本フォノグラムから発売されたLPだったと思います。 今ではロックの殿堂入りもを果たし、知名度も上がったヴェルヴェット・アンダーグラウンドですが、70年代当時は知る人ぞ知る伝説のグループ。 2枚組でリリースしても全く売れなかったでしょうね。そこで受け入れやすい情緒的なA面とC面を1枚にしてリリースしたのかな? でも私は、おやすみミュージックとして、心身ともにリラックスするこの厭世的な流れが大好きです。 CDはボーナス・トラックを加えた2枚組19曲。資料によれば、サード・アルバム「The Velvet Underground」のリリースに伴う69年のツアーで、テキサスとサンフランシスコの模様を収録した貴重なライヴ。 手を触れれば危険なのは重々分かっているが、触れずにはいられない如何わしい大人の誘惑、妖しさプンプン、下世話でムラムラさせられる、ヤバい雰囲気を放つジャケット。 リリースされたのは、すでにグループが解散していた74年。悪徳マネージャーが仕組んだという曰く付きのアルバムで、録音状態も悪く、メンバーにとっては不本意なものだったでしょうが、演奏のテンションたるや異常に高く、ヴェルヴェッツの伝説の姿を垣間見ることが出来ます。 披露されたナンバーは、サード・アルバムから、ギター、オルガン、パーカッションが織りなす凶暴で混沌としたエクスタシー「What Goes On」、しっとりと美しい繊細なバラッド「Pale Blue Eyes」、拙いパーカッションとゴリゴリのギターがぎこちないグルーヴ感を生み出す「Some Kinda Love」。 次作「Loaded」から、淡々と穏やかな表情を見せる「Sweet Jane」、子守唄みたいに優しく語りかけてくる「New Age」、名曲へと成長する過程の初々しさが感じられる「Rock and Roll」。 ファースト・アルバムから、レイド・バックした雰囲気の「Waiting for My Man」、ヘロヘロに酔い痴れる「Heroin」。 発掘音源集「Another View」から、パティ・スミスの勢いあるカバーで有名な「We're Gonna Have a Real Good Time Together」。 ルー・リードのファースト・ソロ「ロックの幻想」から、「リサ・セェ〜イズ」と感情のこもったフレーズに心ゆらゆら可憐なバラッド「Lisa Says」、雄大な大海原を想起させる「Ocean」。 いずれのナンバーもライヴならではの肉薄した表情を見せる。ヤバいぞ! こりゃぁ〜。
2011♪Easter Rising♪Patti Smith♪パティ・スミス
1978♪Bride Stripped Bare♪Bryan Ferry♪ブライアン・フェリー
1974♪Mott The Hoople Live♪Mott The Hoople♪モット・ザ・フープル

Giants | | |ページ上部へ
 次のページ
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ポイント ちょびリッチ
ポイント ちょびリッチ