私が長年聴き続けている、大好きなクラシック・ロックの数々、その思い出をちょっぴりご紹介。

Masterpiece Records: 大好きなクラシック・ロック・メモリーズ

TOPRSS
トップ Pub, Punk
 次のページ

▼ラモーンズのハチャメチャにぶっ飛んだロックンロール讃歌「Do You Remember Rock 'n' Roll Radio?」

ibushigin records My Favorite Classic Rock: いぶし銀レコードの気になるクラシック・ロック
1981♪This Is Radio Clash♪The Clash
1981
西洋のオバケの登場シーンに良く使われるようなコミカルなイントロが鳴って、「あ″〜〜」とジョー・ストラマーの咆哮。81年11月リリース、「This Is Radio Clash」は、アルバム「Sandinista!」から約1年、待ちに待ったザ・クラッシュのシングル。先の「The Magnificent Seven」でおなじみとなったラップ、さらにヒップホップの要素を大胆に取込み、クラッシュならではの扇動的なビートで畳み掛けるファンキーなナンバー。
1980♪Beat Crazy♪Joe Jackson
1980
03年アルバム「Volume 4」のリリースで、初期の3枚は、グラハム・メイビー、デイヴ・ホウトン、ギャリー・サンフォードによる、バンドとしてのアルバムだったんだと気付かされたジョー・ジャクソン・バンド。私のお気に入りは、80年の強烈なレゲエ・ナンバー「Beat Crazy」、グラハム・メイビーのうねうねとうねるベースが最高にご機嫌。彼はジョー・ジャクソンとの作品の他にも、マーシャル・クレンショウやナタリー・マーチャント、ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツと活動を共にするなど、その人気ぶりが伺えます。
1989♪Yeah Yeah Yeah Yeah Yeah♪The Pogues
1989
荒くれシェイン・マガウアンがぶっきらぼうにがなり立てれば、こちらも負けじと熱く「イェ〜ィ、イェッ、イェッ、イェ〜♪」、シンプルでエキサイティングな掛け声、強靭なバネのようなビートが 大きなエネルギーとなって迫り来て、熱狂の渦に巻き込むアイリッシュ風ノーザン・ソウル・パンクは、ザ・ポーグスの88年シングル「Yeah Yeah Yeah Yeah Yeah」。同CDシングル収録、スパイダー・ステイシーがヴォーカルを担当した、パンキーでアコースティックなストーンズのカヴァー「Honky Tonk Women」も最高ばい!
1980♪Butcher Baby♪Plasmatics
1980
痛快な「ワン・トゥー・スリー・フォー!」の掛け声で、パンクが停滞していた音楽シーンに、風穴を開けた。そして、77年、ニューヨークで結成されたウェンディ・O・ウイリアムズ率いるプラズマティックスは、「いち・にっ・さん・しっ!」の掛け声とハードコアなパンクで度肝を抜いた。ヒョウ柄のビキニ・パンティ、申し訳程度にクリームを塗って隠した乳首、あぁ〜全裸同然。ブンブンと唸る毒々しいアナーキーなバンドの演奏に、揺れるウェンディ嬢のおっぱい、チェーンソーを高々と振り上げ、恍惚の表情を浮かべ、ギターを真っ二つにぶった切る過激なパフォーマンス。例の掛け声は、日本人ベーシスト船原長生さんのもの。
1980♪Careful♪The Motels
1980
カリフォルニア州バークレー出身、お色気たっぷりのお姉さまマーサ・ディヴィス率いるザ・モーテルズは、79年アルバム「Motels」でデビュー。プールサイドで得意げにポーズをとる超熟女の水着姿が一際目立つジャケットは写真家エリオット・ギルバートの作品。続く80年セカンド「Careful」は、鮮烈な色使い眩しい英国のポップ・アーティスト、ダギー・フィールズのカヴァー・ペインティング。モーテルズのアルバム・カヴァーはモダンな感覚に満ちている。
1980♪Do You Remember Rock 'n' Roll Radio?♪Ramones
1980
ラジオのダイヤルをくるくる、チューニングがピッタリ合ったところで「ダッ、ダッ、ダダダッ、ダダダダッ…」とドラムが勢い良く突っ走れば、キーボードが負けじと追随、ブラスが囃し立て、圧倒的なパワーでどっと押し寄せる音の洪水。フィル・スペクターがプロデュースした、ラモーンズのハチャメチャにぶっ飛んだロックンロール讃歌「Do You Remember Rock 'n' Roll Radio?」。キンクスの「Around the Dial」やビー・バップ・デラックスの「Modern Music」なども、チューニング音から始まるロック・ナンバーですね。
1993♪Love Is Stronger than Death♪The The
1993
胸に響く繊細なアコースティック・ギターの調べ、深淵から届くマット・ジョンソンの叫びがヒリヒリと伝わり、暗がりを仄かに照らすかのようにベースがボツンと鳴る。おぼつかない鼓動、暖かみのあるハモンド・オルガンが辺りの空気を揺らし、救いを求めるかのようなジョニー・マーのハーモニカの音色が響き渡る。そして、そのすべてが一瞬にして吸込まれ沈黙。冴え渡り悲しみを癒す、素晴らしいバラッドは、ザ・ザの93年アルバム「Dusk」から、3枚目のシングル「Love Is Stronger than Death」。
1979♪Girl of My Dreams♪Bram Tchaikovsky
1979
ライノのコンピレーション「POPTOPIA!: Power Pop Classics of the '70s」にも収録されている、ブラム・チャイコフスキーの79年シングル「Girl of My Dreams」は、甘酸っぱいメロディに「ジャカジャァ〜ン♪」とハートときめく開放的なギターのフレーズが胸を熱くするパワーポップの名曲。彼はジェイク・リヴィエラが設立したレイダー・レコードから「パワー・ポップの仕掛け人」「脅威の黒い影」と2枚のアルバムをリリース。ジ・インメイツなどと共に驚きのCDリイシューされたが、今では希少盤。

Pub, Punk | | |ページ上部へ

▼異様に生々しいテンションと凶暴なグルーヴ、エルヴィス・コステロの凄まじい破壊力「Uncomplicated」

ibushigin recordsの気になるClassic Rock
1979♪Cruel to Be Kind♪Nick Lowe
1979
イントロ一発! ビリビリと体中に電流が走り、たちまち聴く者の心を鷲掴みにする超ゴキゲンなナンバー、ニック・ロウの大ヒット「恋するふたり」は、79年セカンド・ソロ・アルバム「Labour of Lust」からのシングル。ロックパイルの「Seconds of Pleasure」でも活躍する、デイヴ・エドマンズ、ビリー・ブレムナー、テリー・ウィリアムスと、おなじみパブロックの強者たちが勢揃い。
1986♪Uncomplicated♪Elvis Costello
1986
異様に生々しいテンションと凶暴なグルーヴに、思わず後退りしてしまいそうなナンバー「Uncomplicated」は、エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズの86年アルバム「Blood & Chocolate」のドン引きなオープニングだが、凄まじい破壊力。私は、87年のザ・コンフェデレーツとの京都公演で、このナンバーを打ち噛まされ、すっかりのめり込んでしまって以降、気持ちが猛り立つナンバーとして愛聴してます。
1982♪I Want Candy♪Bow Wow Wow
1982
体はリズムを刻み、足はビートを踏み鳴らす、ズンドコと響くジャングル・ビートにノリノリの汗だく。モヒカン刈りが良くお似合い、キュートなアナベラ・ルーウィン嬢がピチピチ弾けるボディでワイルドに突き動かす、バウ・ワウ・ワウの82年大ヒット「I Want Candy」。このグループの仕掛人はお騒がせマルコム・マクラーレン。セカンドでは、アナベラ嬢を裸にして、ドガの「草上の昼食」のパロディーをやっちゃった。
1983♪A Million Miles Away♪The Plimsouls
1983
ザ・プリムソウルズは、ロサンゼルス出身のパワー・ポップ・バンド。リーダーのピーター・ケイスは、以前ザ・ナーヴスというバンドで活躍、「Hanging on the Telephone」はブロンディに取り上げられました。83年、ゲフィンに移籍後ヒットしたのが「A Million Miles Away」。サーフ・サウンドをベースに、ポップなメロディ、スカッと突き抜けるビートがバンドの個性をより際立たせる、パワー全開の必殺ナンバー。
1982♪I Know What Boys Like♪The Waitresses
1982
「ニャニャニャ、ニャァ〜、ニャァ〜♪」に萌え〜、辿々しさがキュートなパティ・ドナヒュー嬢の歌声にニンマリ鼻の下を伸ばす、ザ・ウェイトレシズの愛しいシングル「I Know What Boys Like」。このグループのメンバーを調べてみれば、テレヴィジョンのビリー・フィッカ、サイケデリック・ファーズやパワー・ステーションに参加したマーズ・ウィリアムズ、B-52'sやスティングのステージに立つトレイシー・ワームワースと、ちょっとした驚きがある。
1983♪True Love, Pt. #2♪X
1983
ロカビリーなビリー・ズームがギラギラ輝くリズムを刻み、エクシーヌ・サーヴェンカ嬢とジョン・ドーが艶かしく絡み合う、ご機嫌なダンス・ナンバー「True Love, Pt. #2」。クリス・ ケナー「ダンス天国」ジーン・ヴィンセント「Be Bop A-Lula」タミー・ウィネット「D-I-V-O-R-C-E」童謡「Skip to My Lou」エルヴィス・プレスリー「Burning Love」民謡「線路は続くよどこまでも」レッドベリー「Black Betty」カーティス・メイフィールド「Freddy's Dead」を織り交ぜる。
1987♪The Passenger♪Siouxsie & the Banshees
1987
ビートルズの「Helter Skelter」「Dear Prudence」、T・レックスの「20th Century Boy」と、優れたカヴァーを披露してくれたスージー&ザ・バンシーズ。87年「Through the Looking Glass」は、スパークスやジョン・ケイル、ロキシー、テレビジョンなどのマニアックなナンバーが詰まった待望のカヴァー・アルバム。中でも、スージーの深遠な歌声、意気揚々としたホーンに奮い立つ、イギー・ポップの「The Passenger」は最高ばい!
1976♪X Offender♪Blondie
1976
うつつを抜かすは「妖女ブロンディ」の色っぽいお姉さま、デボラ・ハリー! 彼女の甘い囁きに続き、激しく打ち鳴らされるドラム、60年代風チープな響きのオルガン、上ずった声がキュートでセクシー、ブロンディの心ときめくパンキーな76年デビュー・シングル「X Offender」。元々のタイトルは「Sex Offender」というらしい。プロデューサーは、エンジェルズやマッコイズ、ストレンジラヴズなど、ノリノリのナンバーが得意なリチャード・ゴッテラー。

Pub, Punk | | |ページ上部へ

▼イアン・デューリーの下世話な雰囲気がプンプン漂うコックニー流ファンク「Hit Me with Your Rhythm Stick」

ibushigin recordsの気になるClassic Rock
1979♪Making Plans for Nigel♪XTC
1979
ウキウキ
Pub & Punk
79年、XTCが、ピーター・ゲイブリエルの「III」で一躍注目されたプロデューサー、スティーヴ・リリーホワイトと組んだ、サード・アルバム「Drums and Wires」。そのオープニング・ナンバー「Making Plans for Nigel」は、コリン・モールディング作の、ヒステリックで刺激的、最高にぶっ飛んだ、ビートルズ遺伝子を受け継ぐイカしたポップ・チューン。
1981♪The English Roses♪Pretenders
1981
クール
Pub & Punk
クリス・トーマスがプロデュースした81年のセカンド「Pretenders II」から、ジェームス・ハニーマン・スコットのギターが最高にヒップでカッコいい「The English Roses」。クリッシー・ハインドの冷ややかなな歌いっぷりに「フッ、アァ〜ン」と控え目なコーラスがまた痺れるのよね。
1980♪Catholic Boy♪The Jim Carroll Band
1980
クール
Pub & Punk
ニューヨークのストリートが生んだ詩人にしてロックンローラー、ジム・キャロルの80年デビュー・アルバム「Catholic Boy」。ストーンズ・レコーズの元社長、アール・マグラスがプロデュースを担当。性急な言葉が次から次へと切り込んでくる凄まじいロックナンバー「Catholic Boy」はクールでスリリング。
1986♪Blood and Roses♪The Smithereens
1986
クール
Pub & Punk
パンク、ニューウェーヴの熱も冷め、次第に耳障りのいいポップな音楽がまたもてはやされていた80年代中頃、ビルボードなどのヒットチャートとは違った、アメリカの大学生が運営するラジオ局独自のチャート「カレッジ・チャート」で注目を浴びたのが、独特のグルーヴ感が非常に心地よい、ブリティッシュ・ビート直系のギター・バンド、ザ・スミザリーンズ。
1979♪Lola♪The Raincoats
1979
可愛い
Pub & Punk
スリッツと共に英国ポスト・パンクを代表する女性バンド、ザ・レインコーツ。79年、インディペンデント・レーベル、ラフ・トレードからデビュー・アルバム「The Raincoats」をリリース。やはり注目は、女の子らしく可憐にキュートに、そして、ぐだぐたと脱力にカヴァーしちゃったキンクスの名曲「Lola」。
1980♪I Couldn't Help If I Tried♪Dexys Midnight Runners
1980
しっとり
Pub & Punk
デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズの80年デビュー・アルバム「若き魂の反逆児を求めて」から「誰かいるなら」。 リーダーでボーカリスト、ケヴィン・ローランドの哀愁を滲ませた渋い喉は、聴く者に、己の不安、恐れ、揺れ動く感情などを想起させ、深く深く内面に分け入り、じわじわと血潮沸き立つ狂おうしいノーザン・ソウル。
1982♪Clear It Away♪Tom Verlaine
1982
ユニーク
Pub & Punk
トム・ヴァーレインの82年アルバム「Words from the Front」から、フレッド・スミス、ジェイ・ディ・ドゥーティー、ジミー・リップが参加した「Clear It Away」は、迷宮に入り込んだかのような奇妙さ、心ともないギターが交錯する冷たく醒めたファンキーなナンバー。
1978♪Hit Me with Your Rhythm Stick♪Ian Dury & the Blockheads
1978
興奮
Pub & Punk
いきなりのイントロからたちまちホットな気分、挑発的な「Hit Me, Hit Me」のかけ声に思わず下半身が前後する。イアン・デューリー & ザ・ブロックヘッズの「Hit Me with Your Rhythm Stick」は最高ばい! 下世話な雰囲気がプンプン漂うコックニー流ファンク・ナンバー。

Pub, Punk | | |ページ上部へ

▼三者三様のガッツ溢れるギタリストが、ロバート・ゴードンのロカビリーをより独創的に!

ibushigin recordsの気になるClassic Rock
1991♪Greetings from New York City and more♪Robert Gordon♪ロバート・ゴードン
1991
☆ Robert Gordon
♪ Rock Billy Boogie - Robert Gordon
♪ Fire - Robert Gordon
♪ Someday Someway - Robert Gordon
♪ Elvis Medley - Danny Gatton
♪ A Mess of Blues
- Robert Gordon with Chris Spedding
54年、サン・レコードから「That's All Right」でデビューを飾ったエルヴィス・プレスリー。彼を発端とするロカビリー・ブームは、カール・パーキンス、ジーン・ヴィンセント、エディ・コクラン、バディ・ホリー、ジェリー・リー・ルイス、ジョニー・バーネットなど、個性豊かなスターを誕生させました。しかし、50年代後半にはブームは下火となり、新たな時代のロックが次々と生まれるのでした。 廃れたはずのロカビリーだったが、77年、ニューヨークから、その漲る熱く純粋なスピリットに魅了され、アルバム「Robert Gordon with Link Wray」でデビューしたのが、ネオロカビリーの旗手ロバート・ゴードン。 「涙のラナウェイ・ボーイ」で鮮烈なデビューを果たし、80年代初頭のロック・シーンを席巻した ストレイ・キャッツより一足早かったわけですね。 ロバート・ゴードンの音楽が何よりも新鮮で素晴らしかったのは、やはりギタリストの人選にあったのではないでしょうか? まずは、「Rumble」「Raw-Hide」「Jack The Ripper」などのヒットを放った、轟音で迫るワイルドな伝説のギタリスト、リンク・レイを起用し、「Robert Gordon With Link Wray」「Fresh Fish Special」をリリース。 次に、ジョン・ケイルやブライアン・フェリー、ジャック・ブルースなど、様々なミュージシャンとのセッションで、多種多様な顔を見せる人気の凄腕ギタリスト、クリス・スペディングを起用し、「Rock Billy Boogie」「Bad Boy」をリリース。 そして、テレキャスターから繰り出されるぶっといフレーズが豪快なギタリスト、ダニー・ガットンを起用し、「Are You Gonna Be The One」をリリース。 このように三者三様のガッツ溢れるギタリストが、ロバート・ゴードンのロカビリーをより独創的なロックンロールに高めています。 私が愛聴した彼のアルバムは、80年代中頃のブランクを経て、再びクリス・スペディングと組んだ、91年ライヴ・アルバム「Greetings from New York City (ニューヨークからの挨拶状)」。 ジェフ・ベック期ヤードバーズのマカロニ・ウエスタン風ナンバーをより骨太に「Heartful of Soul」、ドクター・フィールグッドも「Mad Man Blues」で取り上げた、ウィリー・ディクスンの「My Babe」でロバートのボーカルも冴える、クリス・スペディングのギターもノリノリ絶好調、マーシャル・クレンショウのご機嫌なパワーポップが2曲続く「Something's Gonna Happen」「Someday Someway」、大きく大胆にうねるグルーヴ、ジョニー・バーネットのブギウギ「You're Undecided」、マーヴィン・ゲイの66年モータウン・ヒット「One More Heartache」、ジョン・レノンのカバーでおなじみ、ロイド・プライスのテックス・メックスの香り立つロッカ・バラード「Just Because」、ジ・インメイツが「First Offence」が取り上げた、ドン・コヴェイの軽快なワン,ツー,スリー「Three Time Loser」、レイ・シャープの小気味いい「Linda Lu」、エルヴィス・プレスリーも歌った、ジェリー・リーバー&マイク・ストーラー作「Love Me」をロバートが気持ち良さそうに熱唱、ぶっきらぼうでぶっといギターリフに昇天、仰け反るくらい気持ちいい「Nervous」、気怠い女性ボーカルとデュエット、じりじりハートが熱くなるクライド・ステイシー&ザ・ナイトキャップスの「So Young」、そして、ジャック・スコットの長閑なカントリー・バラード「I'm Dreaming Of You」でゆっくり日が暮れる。 ラスト・コール・レコーズからリイシューされたこのアルバム、さらに「Live at Lone Star」をプラスした2in1で嬉しさ倍増だよん。
2001♪Ultimate! The Yardbirds♪The Yardbirds♪ザ・ヤードバーズ
1985♪Mad Man Blues♪Dr. Feelgood♪ドクター・フィールグッド
1979♪First Offence♪The Inmates♪ジ・インメイツ

Pub, Punk | | |ページ上部へ

▼50、60年代ポップスにダウンタウンの猥雑さを盛り込んだ賑やかなR&R! シルヴェイン・シルヴェイン

ibushigin recordsの気になるClassic Rock
2007♪Sylvain Sylvain♪Sylvain Sylvain♪Syl Sylvain and the Teardrops
2007
☆ New York Dolls
♪ Formidable - Syl Sylvain and the Teardrops
♪ Trash - New York Dolls
♪ Personality Crisis - New York Dolls
♪ Girls - David Johansen
♪ You Can't Put Your Arms Around A Memory/ Lonely Planet Boy - New York Dolls
大人5人が座るにはちょっと狭過ぎるソファに、ケバケバしい化粧、ド派手なハイヒール・ブーツ、女性ものの衣装をだらしなく身に着け、なよなよとしなを作り、ひしめき合うメンバー。73年、写真家Toshi撮影によるニューヨーク・ドールズのデビュー・アルバム「New York Dolls」は、見る者をギョッとさて、忌避感を抱かせるには十分、ロック史上に燦然と輝く悪趣味ぷんぷんの最高にイカしたジャケットです。 その中にカーリーヘアの夢見るお人形ようなルックス、ローラースケートを履いた足を退屈そうに玩んでいる人物が、ギタリストのシルヴェイン・シルヴェイン。 彼は、ニューヨーク・ドールズ時代には、「Frankenstein」「Trash」「Puss 'N' Boots」などのナンバーをデヴィッド・ヨハンセンと共作。ドールズ解散後もヨハンセンと行動を共にし、78年「David Johansen」、79年「In Style」とアルバム作りに大いに貢献しました。 一方、自らも79年「Sylvain Sylvain」、81年「Syl Sylvain and the Teardrops」とソロ・アルバムをリリース。07年にアルカディア・レコーズから発売された「Sylvain Sylvain」は、この2枚のアルバムの2in1。 50年代風の無邪気なロックンロールが甦る「Teenage News」、開放的でついつい踊り出したくなるグラマラスなブギー「What's That Got To Do With Rock N' Roll」、チュチュチュチュー♪と高揚感を煽るスピーディーな「Emily」、60年代を彷彿とさせる健気で美しいメロディアスなフォーク・ナンバー「Without You」、ヘイ!の掛け声が勇ましい、マンハッタンの喧騒を盛り込んだ元気いっぱい「14th Street Beat」、募る想いをほろ苦いロッカバラードで「Deeper And Deeper」、ザ・バンドでおなじみ、クラレンス・フロッグマン・ヘンリーの陽気なニューオリンズ・クラシック「Ain't Got No Home」、「ハーレム・ノクターン」にも似た妖しげで胡散臭いインストゥルメンタル「Tonight」、ウキウキするよなサックス、60年代ソウルの熱気立つ「Crowded Love」、呪医?ブギウギ・ピアノがご機嫌な「Medicine Man」、色気たっぷりのサックスが誘うザワザワと下世話っぽい「Dance Dance Dance」、爽やかなコーラス素敵!甘〜い胸騒ぎを感じるせっかちな「Formidable」、新たなバンドティアドロップスのテーマ曲ともいうべき甘酸っぱくも夢見るようなポップ・チューン「Teardrops」、ラテン・フレーバー溢れる陽気で弾ける「No Dancing」など、50年代、60年代のポップさを基調にダウンタウンの猥雑さを盛り込み、賑やかに楽しんじゃうロックンロール! 以前、FMラジオ番組「ライブ・フロム・ザ・ボトムライン」でエアチェックしたシル・シルヴェイン&ザ・ティアドロップスの81年5月ライヴ・テープを再び聴いてみれば、太っちょのベーシスト、ダニー・リードに、イカしたフレーズを奏でるピアニストのトミー・マンデル、ウキウキ囃し立てるサックスのジョナサン・ガーバー、キュートな奇声を上げるドラムのロージー・レックス、そして、思う存分楽しんで大いに場を盛り上げるシルヴェイン・シルヴェイン。ニュー・アルバムからのナンバーを中心に、お遊びで「ニューヨーク、ニューヨーク」を戯けてやったり、曲の途中にガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」のフレーズを織り込んだり、ご当地ニューヨークならではのステージは、実に生々しくご機嫌なロックンロール・ショーでした。 どうぞ、シルヴェイン・シルヴェインのポップなセンス溢れるロックンロールをお気軽にお楽しみあれ!
1973♪New York Dolls♪New York Dolls♪ニューヨーク・ドールズ
2006♪One Day It Will Please Us to Remember Even This♪New York Dolls♪ニューヨーク・ドールズ
1979♪In Style♪David Johansen♪デヴィッド・ヨハンセン

Pub, Punk | | |ページ上部へ
 次のページ
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ポイント ちょびリッチ
ポイント ちょびリッチ